FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スミレナガハナダイ

sumire_1_20081003181014.jpg
成熟したメス 12cm

和名 スミレナガハナダイ 学名 Pseudanthias pleurotaenia  撮影者 44

全長15cm。 琉球列島、中・西部太平洋に分布する。

沖縄やフィリピンでは定番のハナダイです。オスは朱色の美しい色彩をしていて、体側に白いサロンパスを張ったような大きな模様があります。
ところが、メスは別種に思えてしまうほど、全身鮮やかな黄色い色彩をしています。
ハナダイの仲間はハーレムで暮らしています。スミレナガハナダイも、オス複数匹に対し、メス数十匹のハーレムなので、メスさえ見つければ、その近くに必ずオスが見つかります。
でもこれは南のサンゴ礁域での話しです。
八丈島でもこのスミレナガハナダイを見ることはできるのですが、なぜかメスばかりなのです。
メスが複数いれば、その中のメスがオスに性転換するハナダイたち。
八丈島で何度も複数のメスたちがを見たって、オスは一度も現れたことがありません。
でも、見たいですぅ~。八丈島で見たいですぅ~。
そう願っていれば、いつかきっとオスが見られるかなぁ~。

sumire_3.jpg
参考写真 アニラオ産 オス 15cm

sumire_2_20081003181228.jpg

幼魚 3cm

幼魚は毎年かなりの数で見られます。でも深いけど・・・。
深場でたくさん出る年は、なぜか浅場のキンギョハナダイの幼魚に混じることが多いようです。
なので「幼魚見たーい!」って方は、浅場でキンギョハナダイの幼魚の群れを、穴が開くまで見て下さい。
さすれば、穴の向こうにスミレナガハナダイの幼魚が現れるでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。