FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キツネダイ

kitunedai_2.jpg
雄 40cm 水深45m

kitunedai_3.jpg
雌 35cm 水深40m

和名 キツネダイ 学名 Bodianus oxycephalus 撮影者44

全長40cm。相模湾以南、西部太平洋に分布する。琉球列島では稀となる温帯系の種。岩礁性でもある。
潮通しの良いやや深い岩礁斜面で見られる。八丈島では冬期になると水深40m以深でメス数匹に対しオス1匹のハーレムが頻繁に見られるようになる。
オスもメスも体側の赤い斑紋が並んでいる特徴は同じだが、オスは背面に2個から3個の白っぽい斑点があるので、この特徴を確認することで雌雄を判断することができる。

kitunedai_1.jpg
婚姻色 40cm 水深40m

オスの婚姻色は、体側の赤い斑紋が薄れて背面と腹面が赤茶色と白の染め分け模様となり、背面の白っぽい斑点が際立つ。
婚姻色となったオスは、メスたちの周りを忙しく高速で泳ぎ回り求愛する。

kitunedai_4.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。