スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キンメダマシ

kinmedamashi.jpg
6cm

和名 キンメダマシ 学名 Centroberyx druzhinini 撮影者44

全長 30cm。 南日本以南、インド、西太平洋に分布する。

普段は水深100m以深の岩礁域に生息するダイビングでは見る事のできない深場の魚です。
ところが八丈島が冷水塊に覆われ水温がぐっと下がると、局所的ではありますが、水深50mのある場所まで上がってきて、しばらくはその場所で安定してみられるようになります。
なぜ彼らが水温が下がるとこの場所にやって来るのでしょうか。繁殖?それともこの場所に餌が集まるから?まったく理由は分かりません。
どちらにしても生態の状態で見られるのは八丈島でもこの場所だけなんです。
とは言ってもダイビングでこの水深まで見に行けるダイバーはそういないと思うし、見に行くこともお薦めできませんけどね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。