スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フタホシキツネベラ

futahoshikitune_1.jpg
オス 10cm

futahoshikitune_2.jpg
メス 8cm

futahoshikitune_3.jpg
幼魚 3cm

和名 フタホシキツネベラ   学名 Bodianus bimaculatus 撮影者44

全長 12cm。 相模湾以南、インド・西太平洋域に分布する。

幼魚は外敵に見つからないように泳ぎ方で身を守るもの、じっとして周りの背景に溶け込み身を守るもの、メスは本来あるべき色彩となって泳ぎ回り、オスはメスの気を引くために際立つ色彩となる。
ベラたちは生活する環境や状況、立場によって色彩を変化させていきます。でもフタホシキツネベラは
幼魚もメスもオスも同じような色彩をしているちょっと変わり者のベラなんです。
こんなことで身を守れるのでしょうか。こんなことでメスにアピールできるのでしょうか。
もしかして黄色い体色と体側の前後にある2つの黒斑にヒントが隠されているかも。
水深30m以深に生息する彼らは、斜面の水底近くの窪地で泳ぎ回っています。暗い海底に際立つ色彩ですが、2つの黒斑部分だけが抜け落ちてしまうと、あらら、魚の形ではなく背景の一部に溶け込んでしまうのではないのかな。
オスのアピールは元々際立つ色彩だから必要ないってことなのかな。
それにしても変わったベラです。だからお気に入りのベラなのかも知れない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。