スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノドグロベラ

nodoguro_1.jpg
TP(オス) 12cm

nodoguro_2.jpg
IP(メスもはくはメスの色彩を持つオス) 8cm

nodoguro_3.jpg
幼魚 3cm


和名 ノドグロベラ   学名 Macropharyngodon meleagris 撮影者44

全長 12cm。 三宅島、和歌山県以南、中部太平洋域に分布する。

八丈島では、幼魚やIP(メスもはくはメスの色彩を持つオス)はごく普通に見られるベラです。
オスは非常に稀で、夏~秋の繁殖時期でしか出会うことはありません。
なぜこんなにオスが見られないんでしょうか。
ノドグロベラはオス一匹に対してメス数匹の小規模なハーレムを形成しています。そのため、メスの数か極端に少ない場合はオスは現れません。
幼魚がたくさんいても意味はありません。メスとして生まれ成長して成熟したメスにならなければ、その中から性転換してオスの個体は現れないからです。
オスが見たいあなた。まずは成熟したメスがどれだけいるか調べてみるとよいです。
見つけたら点在するメスは切り捨て、局所的にメスが集まるひとつのグループのような感じの場所を探しましょう。
この場所さえ見つければ、あとはオスが出てくるまで辛抱強く待まちます。
オスが見られなかったとしても諦めないでください。いつか必ずオスの雄志に出会える日がやって来ますから。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。