FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オキナワベニハゼ

okinawabeni_2.jpg

okinawabeni.jpg

和名 オキナワベニハゼ   学名 Trimma okinawae 撮影者44

全長 3.5cm。 鹿児島県以南、インド・西太平洋に分布する。

水深20m前後の岩礁域のちょっとした窪みや根の側面を覗くと、かなり普通に見られるベニハゼです。
水温の高い時期になると、「君たち一体どこにいたんですか」って言うくらいたくさん現れちゃうんですよね。
眼の下に4本のラインがあるのがこのオキナワベニハゼの特徴です。色彩は体側に黄色い斑点(ウロコが染まっている)が点在するものから、黄色一色のものまでと個体によってバリエーションがあるようです。
でもねぇ~、全身真っ黄色の子って本当にオキナワベニハゼなんでしょうか。あまりにも色彩が違うので別種になっちゃうんじゃないでしょうか。
ここの疑問を専門家にぶつけてみると、「とりあえずオキナワベニハゼにしておいて下さい」だって。
ってことは、将来別種になる可能性を秘めているってことですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。