FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マダラタルミ

madaratarumi.jpg
幼魚 4cm

和名 マダラタルミ   学名 Macolor niger 撮影者44

全長 50cm。 琉球列島以南、熱帯域域に分布する。

八丈島では夏~秋にかけて黒潮がとっぷりと浸かる水温の高い時期に幼魚のみ見られます。
こちらは完全なる季節来島魚なので水温が下がる冬から春になると姿を消してしまいます。
そんな悲しい運命となるマダラタルミの幼魚ですが、ダイバーたちにとっては絶大なる人気を博しています。
色彩は黒と白のモノトーンで地味ですが、パンダ模様が皆を引きつけるみたいです。マダラタルミの幼魚以外でもパンダ模様の生きものたちはすべてダイバーに人気のあるものばかりです。
これもすべてジャイアントパンダの恩恵なのでしょうか。
そしてもう一つの人気の要因は、クネクネと泳ぐ仕草ではないでしょうか。
このクネクネと泳ぐ行動は、近づけば近づくほどクネクネ速度がアップし、離れるとダウンする泳ぎ方をします。
これ実は危険を感じたときにクネクネ速度をアップさせて「僕は魚じゃないよ」という意思表示をしていると思われます。
彼は必死になんですが、たくさんのダイバーを引寄せてしまうんですね。まぁ取って食われることはありませんが。
こんな人気の魚でも成魚になると誰も相手をしなくなります。なぜかって?まぁ一度成魚をご覧なってくださいな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。