FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオテンハナゴイ

ootenfanagoi_2.jpg
1度だけの確認 オス 6cm

ootenfanagoi_20090121133622.jpg
メス 4cm

和名 オオテンハナゴイ   学名 Pseudanthias smithvanizi  撮影者44

全長 5.8cm。 西表島、中・西太平洋、東部インド洋に分布する。

西表島で見つかり体側に多数の黄色い点が点在している特徴から多い点のハナゴイ、オオテンハナゴイという和名が付けられました。
日本では極めて稀な深場のハナゴイなので、そう簡単にお目にかかる事はできません。
初めて八丈島で見つけたとき、まさかこんなサンゴ礁域のハナダイが見つかるとは思っていませんでしたので深場に響き渡るほどの雄叫びをあげたことを思い出します。
年によって見られるときとまったく見られないときがあり、1匹見つけるとなぜか深場の同じような環境で複数の個体が見つかります。
成魚は見られずみんな幼魚ばかりなので、きっとどこか南の地域から流れに乗ってやって来たのでしょうか。
いや日本でとても珍しい種類なので流れ着いて来るというのは考えにくいです。
それよりも八丈島のどこか深い水深で成魚たちのハーレムがあって、そこで生まれた子が浅場にやって来たと考える方が理に適っています。
ダイバーが行けない深い水深かも知れません。いや意外と今まで潜ったことのないポイントかも知れません。いつかそんな場所を見つけてオオテンまみれになってみたいものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。