スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベニカエルアンコウ


成魚 6cm

benikaeru_2.jpg
幼魚 2cm

和名 ベニカエルアンコウ   学名 Antennarius nummifer  撮影者44

全長 9cm。 南日本、インド・西太平洋域に分布する。

八丈島ではとても珍しいカエルアンコウです。イロカエルアンコウやオオモンカエルアンコウなどは水深10m前後の比較的明るい場所に張り付いているのに対し、ベニカエルアンコウは水深10m以浅の浅い水域のオーバーハングした少し暗がりの根のすき間に張り付いていることが多いようです。
少しでも棲み分けがしたいんでしょうか。ちょっと見られる環境が違うようですね。
同属近似種のエナガカエルアンコウによく似ていますが、エスカーと第2棘がほぼ同じ長さとなり、背ビレの付け根にボカシしたような暗色斑があることで識別ができるようです。
とは言っても普段エスカーは収納されちゃっているし、ベニカエルアンコウの個体によっては、背ビレに暗色斑のない子もいるので「あっエナガだ!」と思ったらベニだったという結末ばかりです。
いつになったら騙されないんでしょうか。
ちなみにエナガカエルアンコウはエスカーが第2棘よりも極端に長いんですよ。

benikaeru_ir.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。