スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クマドリカエルアンコウ


白クマバージョン 4cm

kumadori_2.jpg
黒クマバージョン 3cm

kumadori_3.jpg
黄クマバージョン 10cm

kumadori_4.jpg
オレンジクマバージョン 6cm

和名 クマドリカエルアンコウ   学名 Antennarius maculatus 撮影者44

全長 8.5cm。 南日本、インド・西太平洋域に分布する。

ダイビング雑誌を開くと毎回どこかのページに写真が載っているほどカエルアンコウの仲間はダイバーたちに大人気の魚のようです。。
魚らしくない不格好な形、仕草もまた魚らしくありません。岩に同化して見つけにくいというのも探索心くすぐるのかも知れません。
人気がでる要素をいくつも兼ね備えていますので、ゲストに見せるというガイド側にとっては有り難い存在なんです。
そのカエルアンコウの中でも一番の人気ものは、なんと言ってもこのクマドリカエルアンコウが上げられるでしょう。
どこの地域へ行ってもそう簡単に見ることのできない稀な種類。そんな子を見た瞬間、目に飛び込んでくる白と赤のハッキリと色彩は確かに誰もが釘付けなってしまのかも知れません。
白と赤のクマドリイザリウオ。この色彩が定番となっていますが、滅多なお目にかかれない黒地に黄色い斑点のクマドリイザリウオもいます。
白地に赤のシロクマくんと黒地のクロクマくん、小さいステージの頃はこの2つの色彩の子がいるようです。
ところが大きい子たちはなぜか黄色い子ばかりが見つかります。稀にオレンジ色の子や紫の子が見つかるのですが白クマくんや黒クマくんのタイプは見つかりません。大きくなるに連れ色を変えているのでしょうか。
実際のところどうなのクマドリカエルアンコウくん。

kumadori_ir.jpg


特徴は、眼の後方から伸びる模様と背ビレの棘の先端がマッチ棒のように膨らんでいます。
特に棘の先端はどのステージでもしっかりと膨らんでいるので、色彩で迷ったらこの特徴に着目すると良いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。