スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウシカエルアンコウ

soushiizari_1.jpg

和名 ソウシカエルアンコウ   学名 Antennarius scriptissimus 撮影者44

全長 28cm。 南日本、インド・西太平洋域に分布する。

水深40m以深で見られる大型のカエルアンコウです。
伊豆や伊豆大島の深場では度々確認されるようですが、八丈島では極めて稀な種類で、成体での記録は写真の個体のみとなっています。
本種は背ビレが先端がギザキザしていて、尾ビレの付け根の上に大きな暗色の斑点があるのが特徴です。

soushiizari_2.jpg

こちらはソウシカエルアンコウのゼブラ模様の個体です。
カエルアンコンの多くはカイメンや岩などの色彩にカモフラージュしています。背景に同化することにより外敵に見つからないという防衛手段のひとつでもありますが、それよりも小魚などの小動物が、彼らの存在に気がつかずに近づいて捕食するという攻撃的なカモフラージュも兼ね備えているのです。
このソウシイザリウオくん、なぜこんな目立つゼブラ模様?深い海底にこんなゼブラ模様のカイメンや岩があるのでしょうか。
あるはずないよね。もしかしたらサバンナの草原に同化するシマウマのような意味合いがあるのかも知れません。
それでは想像してみましょう。
暗い海底でじっとするソウシイザリウオ。白と黒の縞模様は黒い部分だけが背景に溶け込んでしまうと、あらら魚の形にならなくなってしまいました。

soushiizari_ira.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。