FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノトイスズミ

isuzumi_2.jpg
成魚 45cm

notoisuzumi.jpg
若魚 10cm

ノトイスズミ   学名 Kyphosus bigibbus 撮影者44

全長50cm。 本州中部以南全世界の暖海域に分布する。

イスズミよりも内湾を好み、成魚では数匹がバラバラと散らばるように泳ぎ回っています。
それぞれがある一定のナワバリを持っているようで、時々ナワバリを犯したノトイスズミに対して、ナワバリの主がヒレを広げ威嚇してナワバリ内から追い払う行動を目にするから、群れで行動するイスズミとは異なる生活をしているようです。
しかし生活が異なっていても両者はそっくりで、外見で見分けるのは非常に困難と思われます。
唯一の違いは、イスズミよりも頭の先端ガクッと落ちるようなフォルムと尾ビレが黒っぽくなっていることくらいです。
ヒレの長さや大きさはイスズミと比較しないと分からないほどの違いなので、イスズミとノトイスズミを穴が開くまで観察していないと水中での識別はできないと思われます。
両者の違いは「イスズミ」のページで詳しく説明しているのでご覧になって下さい。
noto_ira.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。