FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マダラハナダイ

madarahana.jpg
幼魚 4cm

和名 マダラハナダイ   学名 Holanthias borbonius 撮影者44

全長 13cm。 南日本、台湾、東アフリカに分布する。

とてもとても深いところに棲むハナダイ。しかも伊豆半島などで見られる温帯種だから八丈島では見られないなぁ~と思っていました。
ところが数十年前、ナズマドの水深15mで幼魚が発見されちゃったんです。
幼魚がいれば成魚だっているはず。但しとってもとっても深い水深であることは間違いありません。
もちろん探しました。←それでも探すか!
予想通りとっても深い奈落の底、老成した巨大なマダラハナダイが何と50匹近くも群れて団子状になって中層に浮いていたのです。
でも見たのは一度っきり。たまたま深いところから上がってきたのを目撃しただけかも知れません。
普段は水深100m以深で生活しているんだろうなぁ~。
写真の子は数十年前の15mにいた子ではありません。その後もう一匹の幼魚が見つかり、その時に撮った子です。つまり八丈島での幼魚の記録はこの2例のみとなるわけです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。