FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニラミギンポ

nirami.jpg

和名 ニラミギンポ   学名 Ecsenius namiyei 撮影者44

全長 10cm。 南日本の太平洋沿岸、伊豆諸島、朝鮮半島、西部太平洋の熱帯域に分布する。

水深10m前後の岩礁域で数は少ないもののコンスタントに見られる普通種です。
同属近似種のフタイロカエルウオに似ますが、体の後ろの方から黄色くなっていることで見分けることができます。
根の上にちょこんと乗って辺りを見回す姿は何かとても可愛い♪そんな姿見たさについつい近づきすぎて驚かしてしまうと、その側にある穴に入って隠れてしまいます。
でも、待っていると様子を伺うように穴から顔を出してクルクル回っちゃっています。そんなときの色って今まで真っ黒黒助だったのに、いつの間にかブルーのラインが入った色彩に変化しているんです。
驚いたときに彼らはこんな美しい色を出すんですよね。もしかしてこれって警戒色なんですかね。
繁殖時期は夏期。穴の中にずっといる子に注意すると、大概穴の中の側面に卵が着いているんです。孵化するまで一生懸命守っているんですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。