FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マダイ

tai_2.jpg
若魚 15cm
tai_1.jpg
幼魚5cm

和名 マダイ   学名 Chrysophrys major 撮影者44

全長 1m。 北海道以南の日本周辺近海(奄美諸島、沖縄諸島を除く)、尖閣諸島、朝鮮半島南部、黄海、東シナ海、南シナ海に分布する。

マダイって意外と分布が狭く、沖縄を除く日本近海の温帯域を中心に生息するバリバリの温帯種なんですね。
「腐っても鯛」や「めで鯛」などの言葉が使われるほど、お祝い事や宴会の席に使われる日本人にとっては切っても切れない魚ではないでしょうか。
ダイビングで見る魚というより、食べる魚として馴染みがあるかもね。
生態はよく調べられており、幼魚期は内湾の浅いところで生活し、生後1年ほどで15cm前後まで成長して2、3年後に深場へと生活の場所を変えます。
繁殖時期は地域によって差はありますが2月~8月、温暖な地域ほど早く始まる傾向にあるようです。
八丈島では極めて稀な種類で、1、2匹の幼魚が内湾の浅いところで見られることがありますが、半年から1年ほどで姿を消してしまいます。
外敵に食べられてしまったのでしょうか。それとも早めに深場に移動してしまったのかな。
それにしてもバリバリの温帯種が温暖な八丈島で見られること自体凄いかも知れません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。