FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミナミゴンベ

minamigonbe_2.jpg
浅場タイプ
minamigonbe.jpg
深場タイプ

和名 ミナミゴンベ  学名 Cirrhitichthys aprinus  撮影者44

全長12cm。 相模湾以南の南日本~西太平洋の熱帯域に分布する。

温帯種と思いきや、結構広い分布をしているかですね。
八丈島では、水深40m以浅の開けた斜面で普通に見られるゴンベです。
浅い水深で見られる子は茶色くて地味な色彩が多いんだけど、水深が深いと赤い色彩となりとっても美しいですよ。
一瞬サラサゴンベって思ってしまいますが、体大きいし、メタボだし、えら蓋の後ろに眼状斑があるのでミナミゴンベだということがすぐに分かります。
似たもの同士でサラサゴンベとヒメゴンベがいますが、以下の識別点で容易に見分けることができるんです。
gonbe_ira.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。