スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハナアイゴ



和名 ハナアイゴ   学名 Siganus argenteus 撮影者44

全長25cm 田辺湾以南、インド・中・西部太平洋に分布する。

八丈島ではかなり珍しい種類となるようです。同属近似種のセダカハナアイゴと同じような浅い岩礁域でペア仲良く泳いでいるので、ついついセダカハナアイゴと間違えてしまうことがあるようです。
いや、そもそもアイゴの仲間はあまりダイバーに人気がないようなので、ハナアイゴだろうがセダカハナアイゴだろうがどちらでもよいと思っている方が大多数なんじゃないかな。背景の1部って感じかもね。
まぁそれでも、両者を見分けたいという奇特な方もいると思うので書いておきます。
ハナアイゴはセダカハナアイゴのように顔に黄色いラインと点が点在せず無地で、頭部後方は膨らまずとてもスリムな体型をしているようです。
頭部後方・・・、なんか膨らんで高くない?やっぱりここの特徴は微妙だわ。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。