FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤライイシモチ

yarai.jpg
成魚 12cm

yarai3.jpg
幼魚 5cm

和名 ヤライイシモチ   学名 Cheilodipterus quinquelineatus  撮影者44

全長15cm。 小笠原諸島・和歌山県以南、インド・西太平洋域に分布する。

このテンジクダイは、静かな内湾の浅場を好むためか、八丈島では内湾の神湊のポイントでしか見られない珍しい種類となってしまいます。
幼魚は毎年キンセンイシモチの幼魚に混じってポツンと1匹だけ入っている姿を目にしますが、成魚は高い水温が安定して長引く年にしか出会うことができません。彼らにとって八丈島は、水温の低い厳しい場所なんですね。
同属近似種のスダレヤライイシモチに似ていますが、体側に均一の太さの4本のラインと尾ビレ付け根にある黒点の大きさが瞳の大きさよりも小さいことで見分けることができます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。