FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イソカサゴ

isokasago.jpg
成魚 10cm

isokasago_4.jpg
海が暗い時やナイトなど暗い環境の時の色彩

isokasago_3.jpg
幼魚 4cm

和名 イソカサゴ   学名 Scorpaenodes littoralis 撮影者44

全長10cm。千葉県以南、ハワイ諸島、インド・太平洋に分布する。

ちょっとした岩の隙間や穴の中を覗くと必ずこちらを見て様子を伺っていて、近づくと「やばい」っていう感じで奥の方に逃げてしまいます。
ありふれたごく普通種。八丈島では見るものがいっぱいありすぎて、まったくダイバーに相手にされない種類のひとつでしょう。もう少し愛想が良ければ撮ってくれるのにね。

でも水深40m以深にいるイソカサゴは、浅い場所で見るイソカサゴに比べたら、それはきれいな子なんです。
この子のいる場所は転石下です。あれぇ~、イソカサゴって根の側面の岩の隙間や穴にいるはずじゃなかったのかな~。生息している環境があまりにも違います。
しかも虹彩(白目のところ)が赤白の放射模様。通常見られるイソカサゴの虹彩は赤一色です。
もしかしたら別種ではないのと思い専門家に同定してもらったら、、、これもイソカサゴなんだって。
なんか腑に落ちませんね。未だに???マークが付いてスッキリしないんですよ。

昔カサゴの中に色彩が異なるタイプがいたんですが、すべてカサゴとしていました。ところがよくよく調べたら別種であることが分かって、そのカサゴの名前をウッカリカサゴと命名したのです。
学者さん、うっかりしていたのでウッカリカサゴ。いやぁ~いい名前だこと。
あれ~もしかして、このイソカサゴもウッカリイソカサゴなんじゃないんですかね。

isokasago_2.jpg
水深45m 大きさ5cm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。